聖書からの素敵な言葉を

聖書からの素敵な言葉を(ブログ)

聖書を手にされたことのない方のために、わかりやすくを心がけて、ブログを書かせていただいております。

反キリストをおがむ者と、六百六十六の刻印をうけた者への神のさばきについて

2021年6月19日

 

『 反キリストをおがむ者と、六百六十六の刻印をうけた者への神のさばきについて 』

 

(今回は、艱難期(7年)の中間に、世界統一政府のリーダーである反キリストをおがむ者と、六百六十六の刻印をうけた者への、神のさばきについてふれたいと思います)

 

ヨハネによる黙示録・16章2節より

『そこで、第一の天使が出て行って、その鉢の中身を(=神のさばきであるはちの中身を)地上に注ぐと、獣(=反キリスト)の刻印を押されている人間たち、また、獣(=反キリスト)の像を礼拝する者たちに悪性のはれ物ができた(=このように神は、反キリストにしたがう者たちをサタン(悪魔)に属しているとみなし、さばきをおこなわれます)』

 

ヨハネによる黙示録・14章9~11節より

『だれでも、獣(=反キリスト)とその像を拝み、額(ひたい)や手にこの獣の刻印を受ける者があれば、その者自身も、神の怒りの杯(さかずき=ここでは神のさばきを象徴しています)に混ぜものなしに注がれた、神の怒りのぶどう酒を飲む(=さばきをうける)ことになり、また、聖なる天使たちと小羊(=キリスト)の前で、火と硫黄(いおう)で苦しめられることになる。その苦しみの煙は、世々限りなく立ち上り、獣とその像を拝む者たち、また、だれでも獣の名の刻印を受ける者は、昼も夜も安らぐことはない(=このように火の池で永遠に苦しむことになります)』

 

――――――――――――――――――――

(なお以下は、反キリストをおがまず、刻印をこばんだ者たちにあたえられる、神からのめぐみです)

ヨハネによる黙示録・20章4節より

『わたしはまた、イエスの証しと神の言葉のために、首をはねられた者たち(=信仰を守って殺された者たち)の魂を見た。この者たちは、あの獣もその像も拝まず、額や手に獣の刻印を受けなかった。彼らは生き返って、キリストと共に千年の間統治した(=千年間、王国をおさめる側の者となった)』

 

――――――――――――――――――――

(上記にある艱難期の中間が、悔い改めの最後の機会になります。神は、反キリストをおがんだ者と、この刻印をうけた者の声は、もうお聞きになりません。この人たちは、神がさだめたさばきの猶予(ゆうよ)をこえてしまったのです。どうか一人でも多くの方が、反キリストにしたがうことなく、キリストのもとにたちかえることができますように。イエス・キリストのお名前によってお祈りいたします)

聖書の預言である “ヨハネの黙示録” を読む人は幸(さいわ)いです。時がせまっているからです

2021年6月17日

 

『 聖書の預言である “ヨハネの黙示録” を読む人は幸(さいわ)いです。時がせまっているからです 』

 

(今回は、ヨハネの黙示録の挿入箇所についてまとめてみたいと思います。基本的に黙示録は、これからおこるできごとが時系列順に預言されているのですが、途中4か所に挿入句があって、これが混乱をまねきやすいのです。そこで説明をくわえながら整理してみることにします)

 

(その前にまず、黙示録を読むことの幸いについて)

ヨハネによる黙示録・1章3節より

『この預言の言葉を(=このヨハネの黙示録を)朗読する人と、これを聞いて、中に記されたことを守る人たちとは幸いである。時が迫っているからである(=このように世のおわりにふれている黙示録は、読むだけでも意義のあることなのです)』

 

――――――――――――――――――――

(それでは以下が4か所の挿入句になりますが、基本的に黙示録は、7つの封印のさばき、7つのラッパのさばき、7つの鉢(はち)のさばき、という時系列順で話が展開されていきます。これらの最後のしめくくりが、キリストの再臨であるのです。なお挿入句の目的としては、よりくわしくのべたり、同時進行している事がらにふれたり、予備知識をあたえたり、といったことがあげられます)

 

(それでは1つ目の挿入箇所)

・7章のすべて (=ここでは艱難期(7年)の前半にたてられる144000人の伝道者についてと、その伝道によって信仰をもち、その結果として殉教する(じゅんきょう=信仰のために殺される)者たちがある、ということが語られています)

 

(2つ目の挿入箇所)

・10~11章13節まで (=ここでは第六のラッパのさばきと第七のラッパのあいだに、使徒ヨハネと天使のやりとりがはさまれています。その内容としては、雷のことばの存在についてと、ヨハネが巻物をたべてしまうことについてが語られています。そして11章では、艱難期の前半に、エルサレムで伝道する二人の預言者(=神からの使者)がたてられ、艱難期の中間に殺されてしまうことがつづられています)

 

(3つ目の挿入箇所)

・12~14章のすべて (=ここでは艱難期の中間に、イスラエル(=女)が、サタンから避難するはめになることを、かつてこのイスラエルからキリストが誕生した事実をまじえながら語っています。また艱難期の中間に、サタンがミカエルに敗北し、地上におとされることがつづられています。また艱難期の後半に向けて、反キリストが猛威をふるうことや、偽預言者の登場、そして六百六十六の刻印の実行などが記されています。そして14章ではキリストの再臨を先取りし、艱難期の中間において大バビロン(=神への反逆を象徴する町)が崩壊することについてふれ、艱難期の中間以降にも、神を信じる者と、神にそむく者がいること、またそのいきつく結末として(=キリストの再臨によって)、救いのかり取りと、さばきのかり取りとがおこなわれることが示されています)

 

(4つ目の挿入箇所)

・17~19章10節まで (=ここでは艱難期の中間における大淫婦(だいいんぷ=まことの神を信じているふりをしながら、偶像をおがんでいる者のリーダー。この人物が、世界統一宗教のトップです)の死(=協力関係にあった反キリストに殺されます)と、その大淫婦がおさめていた大バビロンの崩壊とが語られています。そして19章からは、このさばきをおこなった神への礼拝と、キリストの再臨に向けた喜びがつづられています)

 

――――――――――――――――――――

(聖書は、神の霊をうけて書かれているので、聖書の預言ははずれることがありません。実際に黙示録を読めばわかることですが、これは未来を知ることのできない人間にあっては、書けないものなのです。また信仰に厚く、キリストにあって誠実に生きていたヨハネが、わたしたちをあざむくために、でたらめな嘘の預言を書きのこしたということも、ありえないのです。聖書の預言がいかに成就してきているかは、これまでの歴史が証明していますし、またキリストに仕えた使徒たちの誠実さ(=わざわざ嘘を書きのこすような人物でないこと)は、聖書を読んでいる人には、それこそ聖書をとおして身をもって知りえていることなのです(=実際キリストの12人の弟子からも殉教者がでています。人は嘘のために自分の命をささげることはありません)。どうか一人でも多くの方が、黙示録を読んで、それがキリストへの信仰につながっていきますように。イエス・キリストのお名前によってお祈りいたします)

六百六十六の刻印を連想させる、特許番号WO/2020/060606の “身体活動データを用いた暗号通貨システム” について

2021年6月12日

 

『 六百六十六の刻印を連想させる、特許番号WO/2020/060606の “身体活動データを用いた暗号通貨システム” について 』

 

(今回は、六百六十六の刻印がまだなにであるかは確定していませんが、いまある情報の一つとして、特許番号WO/2020/060606の “身体活動データを用いた暗号通貨システム” についてふれてみたいと思います)

 

(まず先に、艱難期(=7年)の中間に強制される刻印についてのみことば)

ヨハネによる黙示録・13章16~18節より

『また、小さな者にも大きな者にも、富める者にも貧しい者にも、自由な身分の者にも奴隷にも、すべての者に(=つまり世界中の人々に)その右手か額(ひたい)に刻印を押させた(=この刻印は、自分が反キリストに、またサタンに属した者であるということを証明するものです)。そこで、この刻印のある者でなければ、物を買うことも、売ることもできないようになった(=この刻印をうけていない者は、社会生活に参加することができません)。この刻印とはあの獣(=反キリスト)の名、あるいはその名の数字である。ここに知恵が必要である。賢い人は、獣の数字にどのような意味があるかを考えるがよい。数字は人間(=反キリスト)を指している。そして、数字は六百六十六である』

 

――――――――――――――――――――

(つぎに特許の登録がされている “身体活動データを用いた暗号通貨システム” について。なお以下のものは、わたしが “WIPO(=世界知的所有権機関)” というサイトで実際に確認したものです)

 

1)まず、特許の公開番号:WO/2020/060606 (=このように意図的に060606という番号がとられています)

 

2)特許を取得した会社:MICROSOFT TECHNOLOGY LICENSING, LLC (=これはマイクロソフト社の特許を取得する会社です)

 

3)特許のタイトル:CRYPTOCURRENCY SYSTEM USING BODY ACTIVITY DATA (=身体活動データを用いた暗号通貨システム。すなわち人のからだにチップなどを埋めこみ、その人の活動を測った上で、それに応じた報酬が暗号通貨(仮想通貨)で支払われるシステムのことです)

 

4)特許の中身(全文):Human body activity associated with a task provided to a user may be used in a mining process of a cryptocurrency system. A server may provide a task to a device of a user which is communicatively coupled to the server. A sensor communicatively coupled to or comprised in the device of the user may sense body activity of the user. Body activity data may be generated based on the sensed body activity of the user. The cryptocurrency system communicatively coupled to the device of the user may verify if the body activity data satisfies one or more conditions set by the cryptocurrency system, and award cryptocurrency to the user whose body activity data is verified.

 

(以下は、意味をとおりやすくしたわたしの訳です)

あたえられた仕事に対するユーザーの身体活動にもとづいて、暗号通貨を支払うシステムが実用化される可能性があります。仕事をあたえるサーバーは、サーバーと接続されたユーザーの装置に、仕事を提供することができます。ユーザーの装置にふくまれているセンサーは、ユーザーの身体活動を感知することができます。身体活動データは、感知された身体活動にもとづいて作成されます。ユーザーの装置に接続された暗号通貨システムは、その人の活動データが報酬をうける条件を満たしているかどうかを判断し、それに見合った暗号通貨を支払うことができます。

 

――――――――――――――――――――

(いまは世のおわりに近づいているのでわかるのですが、六百六十六の刻印には、マイクロチップなどのテクノロジーが関係していることは、まずまちがいありません。もちろんいまはまだなにが六百六十六の刻印であるかは確定していませんが、上記のことは情報の一つとして知っておいて損はないと思います。それではどうか一人でも多くの方が、聖書が告げる世のおわりに関心をもち、神のもとにたちかえることができますように。イエス・キリストのお名前によってお祈りいたします)

人と悪霊の不品行によってネフィリムが産まれました。この後に神はノアの洪水をおこし、ネフィリムをふくめ地上を一掃(いっそう)されました

2021年6月10日

 

『 人と悪霊の不品行によってネフィリムが産まれました。この後に神はノアの洪水をおこし、ネフィリムをふくめ地上を一掃(いっそう)されました 』

 

(今回は、もし人が、神の創造によってつくられた体を、神ののぞまないかたちで変更してしまうようなことがあれば、それは重大な罪に相当してくる、ということについてふれたいと思います)

 

(まず神は、人をご自身に似せてつくり、地やすべての生き物を支配するようにと祝福しておられました)

・創世記・1章の26~31節より

『神は言われた。「我々(=三位一体(さんみいったい)の神のことです)にかたどり、我々に似せて、人を造ろう(=神は霊的な存在です。人もそうした霊をかねそなえてつくられました)。そして海の魚、空の鳥、家畜、地の獣、地を這(は)うものすべてを支配させよう。」神は御自分にかたどって人を創造された。神にかたどって創造された。男と女に創造された。神は彼らを祝福して言われた。「産めよ、増えよ、地に満ちて地を従わせよ。海の魚、空の鳥、地の上を這う生き物をすべて支配せよ。」神は言われた。「見よ、全地に生える、種を持つ草と種を持つ実をつける木を、すべてあなたたちに与えよう。それがあなたたちの食べ物となる。地の獣、空の鳥、地を這うものなど、すべて命あるものにはあらゆる青草を食べさせよう。」そのようになった。神はお造りになったすべてのものを御覧になった。見よ、それは極めて良かった』

 

――――――――――――――――――――

(しかし人は、上記の命令を守らずに、悪霊との子を産むほどに堕落しました。この後に神は大洪水をおこすことになります)

・創世記・6章の1~7節より

『さて、地上に人が増え始め、娘たちが生まれた。神の子ら(=ここでの “神の子ら” とは、堕落した天使(=悪霊)のことです)は、人の娘たちが美しいのを見て、おのおの選んだ者を妻にした。主は言われた。「わたしの霊は(=神の霊は)人の中に永久にとどまるべきではない(=もともと人間は、この体に神の霊をさずかって死なないものとしてつくられていました。しかしアダムが罪をおかしたことで死が入りこみました)。人は肉にすぎないのだから。」こうして、人の一生は百二十年となった。当時もその後(のち)も、地上にはネフィリム(=人と悪霊とのあいだに生まれた巨人のことです)がいた。これは、神の子らが人の娘たちのところに入って産ませた者であり、大昔の名高い英雄たちであった(=ここでは “英雄” と訳されていますが、ネフィリムとは所詮は、神への信仰のない、罪をおかしつづけたものたちのことです)。主は、地上に人の悪が増し、常に悪いことばかりを心に思い計っているのを御覧になって、地上に人を造ったことを後悔し、心を痛められた。主は言われた。「わたしは人を創造したが、これを地上からぬぐい去ろう。人だけでなく(=人だけでなくネフィリムもふくめ)、家畜も這(は)うものも空の鳥も。わたしはこれらを造ったことを後悔する(=こうして神は大洪水をおこし、地上の悪を一掃されました。なおこのときに人間との欲求におぼれた天使たちは、永遠の鎖(くさり)でしばられ、いまも暗闇の中に閉じこめられています(ユダ6節))」』

 

――――――――――――――――――――

(上記のことは、わたしたちと無関係ではありません。もうすぐ神が忍耐されている期間がおわり、洪水を上回るさばき(マタイ24:21~22)がもたらされる7年間の艱難期(かんなんき)がおとずれます。人が悪霊との子を産むということは、人の体を内側から変えてしまうことにほかなりません。そして近い将来、人々は右手か額(ひたい)をかざすことでしか、物の売買ができないシステムを強(し)いられることになります。こうした悪のシステムに順応するために、多くの人が六百六十六の刻印(黙示録13:16~18)を自分の体にきざんでしまう(=あるいは埋めこんでしまう)ことになるのです。どうか一人でも多くの方が、あともどりのできない一線をこえずに、その前に神にたちかえることができますように。イエス・キリストのお名前によってお祈りいたします)

反イスラエル、また反ユダヤ主義に加わることは、神を敵にまわすことになります

2021年6月7日

 

『 反イスラエル、また反ユダヤ主義に加わることは、神を敵にまわすことになります 』

 

(今回は、ユダヤ人(=神の民)を祝福する人は神に祝福され、ユダヤ人をのろう人は神にのろわれる、ということを見ていきたいと思います)

 

・創世記・12章の1~3節より

『主は(=神は)アブラム(=イスラエルの民の租、アブラハムのことです。この彼からイサクが生まれ、イサクからヤコブが生まれました。そしてヤコブから12人の息子が生まれ、ここから誕生した12部族をユダヤ人と呼んでいるわけです。なおキリストもこのうちのユダ族からお生まれになりました。キリストはユダヤ人であるのです)に言われた。「あなたは生まれ故郷(=当時のウル。現在のイラク南部)、父の家を離れて、わたしが示す地(=現在のイスラエルに位置しているカナンの地)に行きなさい。わたしはあなたを大いなる国民にし(=イスラエルの民の租とし)、あなたを祝福し、あなたの名を高める、祝福の源となるように。あなたを(=アブラハムを。もっと広い意味ではアブラハムの子孫であるユダヤ人を)祝福する人をわたしは祝福し、あなたを(=アブラハムを、またその子孫であるユダヤ人を)呪う者をわたしは呪う。地上の氏族はすべて、あなたによって(=アブラハムの子孫から誕生するキリストによって)祝福に入る」』

 

(世のおわり(7年)の中間以降に、サタンがユダヤ人をほろぼそうともくろみます)

ヨハネの黙示録・12章の13~17節より

『竜は(=サタンは)、自分が地上へ投げ落とされた(=天使ミカエルに負けてなげおとされた)と分かると、男の子(=キリスト)を産んだ女(=イスラエル)の後を追った。しかし、女には大きな鷲(わし)の翼が二つ与えられた(=神の守りがあたえられたということ)。荒れ野にある(=イスラエルの東のあれのにある)自分の場所へ飛んで行くためである。女はここで、蛇(=サタン)から逃れて、一年、その後二年、またその後半年の間(=合計で3年半、すなわちキリストの再臨のときまで)、養われることになっていた。蛇は、口から川のように水(みず=武力行為のこと)を女の後ろに吐き出して、女を押し流そうとした。しかし、大地は女を助け、口を開けて、竜が口から吐き出した川を飲み干した。竜は女(=イスラエル)に対して激しく怒り、その子孫の残りの者たち、すなわち、神の掟を守り、イエスの証しを守りとおしている者たち(=世界中の信仰にめざめたユダヤ人)と戦おうとして出て行った(=このようにサタンは、キリストが再臨する前にユダヤ人をほろぼそうとします。しかし神はご自身の民を守られるので、サタンのもくろみは失敗におわります)』

 

――――――――――――――――――――

(世界の歴史において、なぜユダヤ人が迫害をうけてきたのか、それは一言にユダヤ人が神の民であり、サタンが憎しみをもってつけねらっている(=神の救いの計画を頓挫(とんざ)させたい)からです。どうか一人でも多くの方が、世のあざむきにまどわされずに、ユダヤ人に対して反感をいだくことがありませんように。そして彼らの救いを、キリストに祈れる側の人となれますように。イエス・キリストのお名前によってお祈りいたします)

天国には罪をもちこめませんので、わたしたちはこの地上での生涯で、神のゆるしにあずかる必要があります(1分で読めます)

2021年6月4日

 

『 天国には罪をもちこめませんので、わたしたちはこの地上での生涯で、神のゆるしにあずかる必要があります(1分で読めます) 』

 

(わたしたちはだれもが罪人ですので、天国に入るには罪のゆるしを得なければなりません。そして天国で罪をおかさないように、罪をおかさない者へと神にかえていただくことになるのです)

 

・マタイによる福音書・22章の29~30節より(=以下はキリストのおことばです)

『あなたたちは聖書も神の力も知らないから、思い違いをしている。復活の時には(=死からよみがえって天に入れられるときには)、めとることも嫁(とつ)ぐこともなく、天使のようになるのだ(=このように信仰によって罪をゆるされている人は、罪をおかすことのない天使のようなものにかえられます)』

 

ヨハネの黙示録・22章の3~4節より

『もはや、呪われるものは何一つない(=天国には、罪とかかわりのあるもの、悪に属するものが一つもありません)。神(=父なる神)と小羊(こひつじ=神の御子(みこ)キリスト)の玉座が都(=天国の都の名はエルサレムです)にあって、神の僕(しもべ)たち(=わたしたちのことです)は神を礼拝し、御顔(みかお)を仰ぎ見る』

 

――――――――――――――――――――

(どうか一人でも多くの方が、創造主に対して目がひらかれ、キリストを信じることによって、神からのめぐみ(=永遠の命)にあずかれますように。イエス・キリストのお名前によってお祈りいたします)

<最重要記事>: 天国に入るための “福音の3要素” (1分で読めます)

2021年6月3日

 

『 <最重要記事>: 天国に入るための “福音の3要素” (1分で読めます) 』

 

(それでは以下が “福音の3要素” になります。これを信じている人が天国へと入れるのです)

 

1.キリストは、わたしたちの罪の身代わりに十字架で死なれました。

2.その後、墓にほうむられました。

3.死なれた三日目に、父なる神によって復活させられました。

 

――――――――――――――――――――

(補足として)

ヨハネによる福音書・14章の6節より(=以下はキリストのおことばです)

『わたしは道であり、真理であり、命である。わたしを通らなければ(=キリストを信じていなければ)、だれも父(=天国におられる父なる神)のもとに行くことができない』

 

・コリントの信徒への手紙 一・15章の3~5節より(=以下は使徒パウロのことばです)

『最も大切なこととしてわたしがあなたがたに伝えたのは、わたしも受けたものです。すなわち、キリストが、聖書に書いてあるとおりわたしたちの罪のために死んだこと、葬(ほうむ)られたこと、また、聖書に書いてあるとおり三日目に復活したこと、ケファ(=弟子のペトロ)に現れ、その後十二人に現れたことです』

 

――――――――――――――――――――

(わたしたち人間は、だれもが罪をおかす罪人であり、自分の力では天国に入ることはできません。なぜなら神は、一つの罪も存在しない世界として、天国を用意してくださっているからです。どうか一人でも多くの方に、神からの罪のゆるし、愛のメッセージがとどきますように。イエス・キリストのお名前によってお祈りいたします)