聖書からの素敵な言葉を

聖書からの素敵な言葉を(ブログ)

聖書を手にされたことのない方のために、わかりやすくを心がけて、ブログを書かせていただいております。

神は、サタンがこの世を支配するのを一時的にゆるされています

2021年7月17日

 

『 神は、サタンがこの世を支配するのを一時的にゆるされています 』

 

(今回は、この世がサタンに支配されているということについてふれたいと思います)

 

ヨハネの手紙 一・5章の19節より

『わたしたちは知っています。わたしたちは神に属する者ですが、この世全体が悪い者(=サタン)の支配下にあるのです』

 

・マタイによる福音書・4章の8~11節より

『更に、悪魔はイエスを非常に高い山に連れて行き、世のすべての国々とその繁栄ぶりを見せて、「もし、ひれ伏してわたしを拝むなら、これをみんな与えよう」と言った。すると、イエスは言われた。「退け、サタン。『あなたの神である主を拝み、ただ主に仕えよ』と書いてある。」そこで、悪魔は離れ去った(=このようにサタンは、すべての国々とその繁栄を、キリストにあたえると言っています。ここでのキリストは、サタンがそれらを所有していることについては否定をしていないので、たしかにサタンはこの世を支配しているのです)』

 

――――――――――――――――――――

(キリストへの信仰をもつ前のわたしたちの状況)

・エフェソの信徒への手紙・2章の1~3節より

『さて、あなたがたは、以前は自分の過ちと罪のために(=神に目をむけずに、罪を罪とも自覚しないでおかしつづけ)死んでいたのです。この世を支配する者(=サタンのことです)、かの空中に勢力を持つ者(=これもサタンのことです)、すなわち、不従順な者(=不信者)たちの内に今も働く霊(=サタンの霊)に従い、過ちと罪を犯して歩んでいました。わたしたちも皆、こういう者たちの中にいて、以前は肉の欲望の赴(おもむ)くままに生活し、肉や心の欲するままに行動していたのであり、ほかの人々と同じように、生まれながら神の怒り(=さばき)を受けるべき者でした』

 

(信仰をもったいまのわたしたちの対抗手段)

・エフェソの信徒への手紙・6章の11~13節より

『悪魔(=サタン)の策略に対抗して立つことができるように、神の(=みことばによる)武具を身に着けなさい。わたしたちの戦いは、血肉(けつにく=生身のからだをもった者)を相手にするものではなく、支配と権威、暗闇の世界の支配者(=すなわちサタンのことです)、天にいる悪の諸霊(しょれい=もろもろの霊。ここでは悪霊)を相手にするものなのです。だから、邪悪な日(=サタンの支配下にある日々)によく抵抗し、すべてを成し遂げて、しっかりと立つことができるように、神の武具を身に着けなさい』

 

――――――――――――――――――――

(上記のように聖書にははっきりと、この世がサタンの支配下にあることがつづられています。神の家族にくわわる人たちは、このサタンの支配の中で、キリストと出会い、そして信仰をもつようになった人たちのことなのです。神はこれらの人々に永遠の命をあたえてくださいました。どうか一人でも多くの方が、世にあふれるあざむきにまどわされずに、聖書がしめす真理にたどりつくことができますように。イエス・キリストのお名前によってお祈りいたします)