聖書からの素敵な言葉を

聖書からの素敵な言葉を(ブログ)

聖書を手にされたことのない方のために、わかりやすくを心がけて、ブログを書かせていただいております。

罪をおかしてなければ天国に入れます。しかしこうした人がいないから、神はキリスト(=救い主)を遣わしてくださったのです

2021年6月29日

 

『 罪をおかしてなければ天国に入れます。しかしこうした人がいないから、神はキリストを遣わしてくださったのです 』

 

(今回は、わたしたちのだれもが罪人であるのを、みことばから再確認したいと思います)

 

ヨハネの手紙 一・1章の7~10節より

『しかし、神が光の中におられるように、わたしたちが光の中を歩むなら(=キリストへの信仰とともに歩むなら)、互いに交わりを持ち、御子イエスの血によって(=十字架での血によって)あらゆる罪から清められます。自分に罪がないと言うなら、自らを欺(あざむ)いており、真理はわたしたちの内にありません。自分の罪を公に言い表すなら(=神の前で告白するなら)、神は真実で正しい方ですから、罪を赦し、あらゆる不義からわたしたちを清めてくださいます。罪を犯したことがないと言うなら、それは神を偽り者とすることであり、神の言葉はわたしたちの内にありません(=このように人はだれもが罪人であるのです。ただお一人キリストだけが、一度も罪をおかすことがありませんでした。だからこそ、わたしたちの罪の身代わりとして、十字架での、完全に清いいけにえ(=神の怒りをなだめる犠牲)になりえたのです)』

 

――――――――――――――――――――

(わたしたちがいるこの地上は “仮住まい” です。ある意味、天国と地獄の境界におかれているようなものなのです。この地上での生涯がおわれば、いよいよ永遠の時を過ごす場所へと神によってうつされます。どうかこの仮住まいのあいだに、自分が罪人であるのをみとめ、キリストをたよって、その罪をあがなってもらってください。そうすれば神はゆるしてくださいます。そのために神は、ご自分の子であるキリストを犠牲にしてくださったのですから。それでは一人でも多くの方が、キリストのもとにたどりつけますように。イエス・キリストのお名前によってお祈りいたします)