聖書からの素敵な言葉を

聖書からの素敵な言葉を(ブログ)

聖書を手にされたことのない方のために、わかりやすくを心がけて、ブログを書かせていただいております。

兄弟の目にあるおが屑(くず)は見えるのに、なぜ自分の目の中の丸太に気づかないのか

2021年6月25日

 

『 兄弟の目にあるおが屑(くず)は見えるのに、なぜ自分の目の中の丸太に気づかないのか 』

 

(今回は、キリストからのいましめをとりあげたいと思います)

 

・マタイによる福音書・7章の3~5節より

『あなたは、兄弟の目にあるおが屑は見えるのに(=相手の小さな欠点やあやまちは見逃さないのに)、なぜ自分の目の中の丸太に気づかないのか(=なぜ自分の欠点やあやまちには気を向けようとしないのか)。兄弟に向かって、『あなたの目からおが屑を取らせてください』と、どうして言えようか(=自分のあやまちや罪は棚(たな)にあげて、どうして相手だけをただそうとするようなことが言えるのか)。自分の目に丸太があるではないか(=自分の中にただそうともしていないあやまち、罪があるではないか)。偽善者(=うわべを善人らしく見せかける者)よ、まず自分の目から丸太を取り除け(=まず自分をかえりみて、神の教えにそぐわないものをとりのぞきなさい)。そうすれば、はっきり見えるようになって(=そうすれば相手のあやまちだけをただそうとする物の見方もしなくなり)、兄弟の目からおが屑を取り除くことができる(=みことばに沿ったただしい話しあいのすえに解決できるようになる)』

 

――――――――――――――――――――

(信仰に向かう近道の一つとして、自分が罪人であるのを知る、またうけいれることがあげられるものと思います。上記のみことばなどは、だれにでもあてはまっていくのではないでしょうか。それでは一人でも多くの方が、悔い改めへとみちびかれて、キリストのもとにたどりつくことができますように。イエス・キリストのお名前によってお祈りいたします)