聖書からの素敵な言葉を

聖書からの素敵な言葉を(ブログ)

聖書を手にされたことのない方のために、わかりやすくを心がけて、ブログを書かせていただいております。

主イエスが迎えに来てくださる携挙(けいきょ)への希望

2021年6月23日

 

『 主イエスが迎えに来てくださる携挙(けいきょ)への希望 』

 

(今回は、キリストが空中までおりてこられる携挙についてふれたいと思います。なお携挙は、キリストが世のおわりに地上におりてこられる再臨とはべつのものになります)

 

・テサロニケの信徒への手紙 一・4章の15~17節より

『主の言葉に基づいて次のことを伝えます。主が(=キリストが)来られる日まで生き残るわたしたちが(=まさにわたしたちのことです)、眠りについた人たち(=クリスチャンでありながら、すでに死んでしまった人たち)より先になることは、決してありません。すなわち、合図の号令がかかり、大天使の声が聞こえて、神のラッパが鳴り響くと、主御自身が(=キリストが)天から降(くだ)って来られます。すると、キリストに結ばれて死んだ人たちが、まず最初に復活し、それから、わたしたち生き残っている者が、空中で主と出会うために、彼らと一緒に雲に包まれて引き上げられます。このようにして、わたしたちはいつまでも(=永遠に)主と共にいることになります』

 

――――――――――――――――――――

(上記のことは、いつおこるかはわかりませんが、かならず神によってもたらされます。この携挙がそう遠くない将来におこるだろうことは、多くの牧師が発信していますし、実際世のおわりに関する聖書の記述と照らしあわせても、そういえるものと思います。聖書を読んでいない方にとっては信じがたいかもしれませんが、ある日突然、わたしたちクリスチャンは天に引きあげられます。もちろんこれは神がおこされるのであって、それ以外の者にできるものではありません。ひとたび携挙がおこれば、この地上には多くの嘘がでまわることになります。なぜならサタンに属する者たちが、人々の目が本当の神に向かないように、この真実をかくそうとするからです。現時点でもだいたい想像はつくのですが、そのときにあふれかえる、宇宙人が人々をさらっているといった嘘や、つくりものの画像、またいかにもリアルにみせかけた映像のたぐいを、どうか信じないでください。サタンは人々を神から引きはなすためなら、手段をえらばない存在なのです。それでは一人でも多くの方が聖書を手にとり、キリストへの信仰によって永遠の命にあずかれますように。イエス・キリストのお名前によってお祈りいたします)