聖書からの素敵な言葉を

聖書からの素敵な言葉を(ブログ)

聖書を手にされたことのない方のために、わかりやすくを心がけて、ブログを書かせていただいております。

キリストがお語りになった御言葉(その四:マルコによる福音書からの抜粋)

2020年6月2日

 

『 キリストがお語りになった御言葉(その四:マルコによる福音書からの抜粋) 』

 

(以下には、キリストがお語りになった御言葉がつづられています。前回のヨハネによる福音書では、“救いに関するもの” というテーマでとりあげましたので、今回はキリストが語られた “いつも胸にとどめておきたいもの” というテーマで、わたしなりにいくつかとりだしてみました。なお御言葉はなるべく短いものを選び、21箇所から抜粋しております)

 

「時は満ち、神の国は近づいた。悔い改めて福音を信じなさい」(1:15)

 

「神の御心を行う人こそ、わたしの兄弟、姉妹、また母なのだ」(3:35)

 

「あなたがたは自分の量る秤(はかり)で量り与えられ、更にたくさん与えられる(=これはみことばを正しく理解し、そしてそれを基準として物事を見るようになることで、神から多くのむくい、恵みがあたえられるということ)」(4:24)

 

「わたしの後(あと)に従いたい者は、自分を捨て(=自分を神の所有物としてあけわたし)、自分の十字架を背負って(=神に全面的に服し、命をささげる覚悟を持って)、わたしに従いなさい」(8:34)

 

「いちばん先になりたい者は、すべての人の後(あと)になり、すべての人に仕える者になりなさい」(9:35)

 

「わたしの名のためにこのような子供の一人を受け入れる者は、わたしを受け入れるのである」(9:37)

 

「自分自身の内に塩(=みことばによって養われる清さ)を持ちなさい。そして、互いに平和に過ごしなさい」(9:50)

 

「子供のように神の国を受け入れる人でなければ、決してそこに入ることはできない」(10:15)

 

「行って持っている物を売り払い、貧しい人々に施(ほどこ)しなさい。そうすれば、天に富を積むことになる。それから、わたしに従いなさい」(10:21)

 

「わたしのためまた福音(=神からの善い知らせ)のために、家、兄弟、姉妹、母、父、子供、畑(=自分が所有している財産、物理的なもの)を捨てた者はだれでも(=これらよりも神への想いを優先するものはだれでも)、今この世で、迫害も受けるが、家、兄弟、姉妹、母、子供、畑も百倍受け(=世界中の信仰者は、すでに神の家族として兄弟姉妹の関係にあります。また神からの恵み、祝福、霊的な財産をさずかっているのです)、後(のち)の世では永遠の命を受ける」(10:29-30)

 

「人の子(=キリスト)は仕えられるためではなく仕えるために、また、多くの人の身代金(=世界中の人々の罪の身代わり)として自分の命を献げるために来たのである」(10:45)

 

「祈り求めるものはすべて既(すで)に得られたと信じなさい。そうすれば、そのとおりになる」(11:24)

 

「死者の中から復活するときには、めとることも嫁(とつ)ぐこともなく、天使のようになるのだ」(12:25)

 

「わたしたちの神である主は、唯一の主である。心を尽くし、精神を尽くし、思いを尽くし、力を尽くして、あなたの神である主を愛しなさい」(12:29-30)

 

「隣人(りんじん)を自分のように愛しなさい」(12:31)

 

「わたしの名のために、あなたがたはすべての人に憎まれる。しかし、最後まで耐え忍ぶ者は救われる」(13:13)

 

「天地は(=いまある天地は)滅びるが、わたしの言葉は決して滅びない」(13:31)

 

「その日、その時は、だれも知らない(=これは携挙(けいきょ)のことです。携挙とは、信仰者が、世のおわりの7年間(=苦しみの期間)をむかえるまえに、天に引きあげられることです)。天使たちも子(=キリスト)も知らない。父(=父なる神)だけがご存じである。気をつけて、目を覚ましていなさい(=信仰をもちつづけていなさい)。その時がいつなのか、あなたがたには分からないからである」(13:32-33)

 

「これは、多くの人のために流されるわたしの血、契約の血である(=キリストが十字架でながされた血が、父なる神と信仰者とで交わす契約、すなわちすべての罪がゆるされた上での、永遠の命に関する契約を成立させてくださいました)」(14:24)

 

「誘惑に陥(おちい)らぬよう、目を覚まして祈っていなさい」(14:38)

 

「全世界に行って、すべての造られたものに福音を宣べ伝えなさい(=伝道をしなさい)。信じて洗礼を受ける者は(=信仰をいだくことで、キリストから聖霊をさずかり、新たに生まれ変わる者は)救われるが、信じない者は滅びの宣告を受ける」(16:15-16)

 

(以上、マルコによる福音書からの御言葉の抜粋でした)