聖書からの素敵な言葉を

聖書からの素敵な言葉を(ブログ)

聖書を手にされたことのない方のために、わかりやすくを心がけて、ブログを書かせていただいております。

聖書における罪から抜けだしていくために(五)

2020年4月23日

 

『 聖書における罪から抜けだしていくために(五) 』

 

(それでは「4」をみていきたいと思います)

 

4.では、人間の精神力などで、自力で罪を犯さずにしていけるものなのか。

 

・ローマの信徒への手紙・7章の14~21節より(=以下には、キリストの使徒であるパウロが、神の教え(=律法)に従って生きようとしながらも、どうしても罪を犯してしまうことになる、その葛藤(かっとう)がつづられています)

『しかし、わたしは肉の人(=罪を犯す性質をやどした人)であり、罪に売り渡されています(=罪を犯すことからぬけだせず、罪に浸(つ)かっている状態にあります)。わたしは、自分のしていることが分かりません。自分が望むこと(=良心に適っていること)は実行せず、かえって憎んでいることをするからです。もし、望まないことを行っているとすれば(=もし、わるいおこないをしているとの自覚がともなっているとすれば――もちろんパウロにはこの自覚がともなっています)、律法を善いものとして認めているわけになります(=彼にとっての、善悪の判断基準は、神の律法にほかならないということ)。そして、そういうことを(=律法の正しさを認めているにもかかわらず、それに反することを)行っているのは、もはやわたしではなく、わたしの中に住んでいる罪なのです(=心では律法に従おうとしているのに、自分の中にある罪を犯す性質が表に出てきてしまうということ)。わたしは、自分の内には、つまりわたしの肉には、善が住んでいないことを知っています(=人間には、善ではなく罪を犯す性質が、アダムより受け継がれているということ)。善をなそうという意志はありますが、それを実行できないからです。わたしは自分の望む善は行わず、望まない悪を行っている。もし、わたしが望まないことをしているとすれば、それをしているのは、もはやわたしではなく、わたしの中に住んでいる罪なのです(=これがアダムの子孫であるわたしたちが、受け継いでいる原罪の問題です。これは一人一人の気力などで、罪を一つも犯さずに乗り越えられるものではないということ)。それで、善をなそうと思う自分には、いつも悪が付きまとっているという法則に気づきます(=このように自力では解決できない問題を、だれもがかかえているのです)』

 

・ローマの信徒への手紙・7章の22~25節より

『「内なる人」としては(=キリストに信仰を持ち、神に仕えている者としては)神の律法を喜んでいますが、わたしの五体にはもう一つの法則(=わたしたちはこの体にアダムより受け継いでいる、悪をおこなってしまう性質を持ちあわせています)があって心の法則(=神の律法に従おうとする心)と戦い、わたしを、五体の内にある罪の法則のとりこ(=犯したくもない罪を犯している状態)にしているのが分かります。わたしはなんと惨めな人間なのでしょう(=罪を犯してしまう自分に対し、やりようがなく嘆(なげ)き苦しんでいます)。死に定められたこの体から、だれがわたしを救ってくれるでしょうか(=罪が向かう先は死の裁き、つまり永遠の火の池です。そして罪を犯さずにはいられないこの体に対し、自分自身では罪を断てないことを認めている。これは要するに体にある罪の法則に対し、パウロにはなすすべがなく、降伏(こうふく)したということ)。わたしたちの主イエス・キリストを通して神に感謝いたします(=ここへきてパウロは、キリストを拠(よ)りどころにして、神に感謝しています。つまりパウロがたどりついた結論は、自力で罪に対して対抗するのではなく、神に依り頼(よりたの)んだということです。彼はあらためて自分が、信仰によって救われていることや、この先、罪と対峙(たいじ)していく際にも、神という心強い味方がいてくださることなどを思い返し、その励ましを感じながら神への感謝をあらわしています)。このように、わたし自身は心では神の律法に仕えていますが、肉では罪の法則に仕えているのです(=パウロは、神への感謝をつづったにもかかわらず、体では罪の法則に仕えているのだと念をおしています。これはそれだけ原罪の問題が根強いということだと思います)』

 

(このように使徒パウロでさえが、罪を犯すことに対して自力では解決できずにいたのです。ですから罪に対して、精神力などで立ち向かっていくことの限界や、自分では自分を救えないことをみとめ、一度敗北宣言をしてしまうことです。そうすることで自分の無力さを知った信仰者は、神への感謝をもっていくようになるものなのです。これについては、次回の「5」でみていきたいと思います)